登録費用

社団法人の内容と設立する際の登録費用

社団法人の規定とは一定の目的で構成員が結合した団体のうち、法律により法人格が認められ権利義務の主体となって活動する団体を意味します。社団法人が出来たのは2つの古い体質がもたらした弊害を改善するために生まれたのですが、その背景というのが企業内外の環境改善という観点です。企業が健全な経営をするためには利益を上げて運営費を生み出しそれを社員に還元してモチベーションを上げるという循環を良い流れで行い続けることですが、しかし企業の規模が大きければ大きいほど利益を上げるための運営費が莫大になるのでそこで自社の株を内部や外部に配布して利益を上げる株式会社を設立することになります。

しかし取得できる量は企業内部や外部でもやはり権威の高い人ほど取得率は高くなるのは当然であり、本来株式会社は株主総会で方向を決める役割がありますが権威が高い人が集中していると企業内で差が生まれ声が届かなくなり企業環境が悪くなってしまいます。そして形は違えど農業なども同じことが言え、これまでは個人で栽培し販売し用具を購入する流れだったのですが販売する際におろすときには権威の高い販売店の意向をくまなければならないため作る側の権利がないがしろにされていたのです。そこで下にいる人たちが一度に集まり法人化し、それを社内や環境内で作り上げることで権力集中によるデメリットを解消するために社団法人が生まれたのです。

この社団法人を設立するためにはどうしたらいいのかというと、最初に行うことは基本的に社団法人を作るためには人数集めからですがその人数は最低でも代表と副代表を用意できれば2人から設立は可能となります。そして次に登録費用を用意します。社団法人を設立するための登録費用で最低限用意しなければならない金額は11万円以上となっています。登録費用で11万円以上かかる内訳は、内容を紙や電子媒体に記録したものである定款を作成する際に1ページ200円を最低でも10ページ以上を作成する謄本発行手数料に加えて印鑑証明書交付手数料と代表者印の代金となります。

これらを用意するためには個人支出で賄うこともできますが、農業法人など大規模になる際には外部から拠出することもできる方法もありその場合には一般の法人と一緒で利益を上げた時には外部に人に還元することが盛り込まれています。登録費用込みでこれらが用意できた段階で、各自治体の法務所に提出すると晴れて企業内で権限を持つ社団法人を作ることができます。”