設立と代行

社団法人の設立とその代行について

社団法人と言うのは非常に大きな範囲を含める概念です。何らかの目的を持って集まる社員と呼ばれる構成員で構成される団体のことを意味する言葉であり、法律によって権利や義務の主体となることが出来る様になった法人のことを意味する言葉です。この中には一般社団法人と呼ばれる様な用語をそのまま使用している団体も存在していますが、株式会社の様な一般企業も広い意味では含められます。

その他にも様々な根拠法に基づいて設立することが出来る団体は数多く存在しており、それら全てを総合して社団法人と言う呼び方をするのが一般的な考え方であると言えるでしょう。これらの団体を設立したいと考える場合にはそれぞれの法人の根拠法についてしっかりと理解して上で手続きをしなければなりません。法人設立の窓口となるのはその地域を管轄している法務局であり、法務局で管理する登記簿に団体の情報が記載されることによって団体の設立となる仕組みになっています。これを登記すると表現するのです。

社団法人の設立はどのような法人を作るかによって手続きの無い様に違いが生じています。根拠法にも実に様々な種類が存在しており、その種類は非常に多岐にわたります。これらの全てに個人で熟知することは非常に困難であるため、現実的には法的な手続きの専門家に代行することで手続きを行うことになるのが一般的な道であると言えるでしょう。代行してくれる業者にもいくつかの種類が存在していますが、一般的には司法書士が文書作成の専門家として知られているものであると言えるでしょう。一般企業であれば株式会社など、医療機関であれば医療法人、税理士であれば税理士法人等の様に非常に多岐にわたる法人の知識に秀でた法律の専門家なのです。

社団法人の設立の代行を委託することには非常に多くのメリットが存在しています。法人の登記を行うに当たって作成する書類は複雑な場合も多く、事業内容などに変更があれば随時書き換えが必要になる場合もあります。そのためには専門家の力を借りなければならず、最初から面倒を見てもらう司法書士を決めて対応すると言うことが効率的であると言えます。

経験豊富な専門家ならではの視点で書類申請をすることが出来ますので無駄の無い手続きが可能になると言えるでしょう。書類上の手続きに関しては専門の業者に対して全て任せてしまうことも出来ますので、非常に助かる仕組みを持っているということが出来るのです。”