設立時の挨拶状

社団法人の設立時の挨拶状について

非営利団体の社団法人だからこそ挨拶状は重要です。株式会社ですと営利目的の団体のため設立時の挨拶状は営業活動の一環としてかかせないのですが、社団法人の場合には非営利団体のため挨拶状を軽視しがちな傾向にあります。非営利団体の社団法人だからこそ挨拶状を重視しましょう。公共性の高いサービスを提供する団体を立ち上げたとしても資金が無ければ活動はできません。非営利団体といっても出資者が配当を受けられないだけで会社組織には違いはありません。

従業員を雇って行動をさせるには給料を払う必要がありますし、広報活動等にもお金がかかります。利益が出た場合に配当が行われずに次年に繰り越されるだけで法人組織には違いはありません。社団法人を立ち上げるのは公共のサービスを追求するのが目的なはずです。公共のために活動するためには基金を募る必要があります。そのために、知り合いの企業に挨拶状を出し理解してもらうのです。いくら世のため人のためと言っても活動資金が無ければ行動はできません。高齢者向けの給食サービスを社団法人として設立しようにも設立時に資金が枯渇していては行動へと移すことはできません。理解してくれる企業に機関投資家になってもらい援助してもらうことが重要です。

挨拶はそのための案内でもあります。公共性にすぐれたサービスに基金を行うのは企業にとってもイメージアップにつながります。社会貢献を行う団体に基金を行うことは企業のイメージを良い方向で世間にアピールすることができるからです。社団法人を経営しようとする経営者は利益の追求ではなく社会のためにサービスを立ち上げます。一般の人には理解はできないものですが、経営者は富を得ると地位と名声を得ようとする人もいるものです。社団法人を立ち上げ地域の人に尊敬され慕われる自分になりたいと思い社団法人を設立する経営者もなかにはいます。株式会社は利益をあげるためには、いろいろな人や会社に悪いことをしたりもするものです。

長年、経営を続けているとそういう心情になる経営者も現れてくるのです。利益だけではない会社経営。公共のため地域のため人のためにと活動する団体も資金が無ければ思うようには活動できません。広く認知してもらい社会に貢献していくためにも案内は大切なのです。不況の時代だからこそ社会貢献を旗印にした団体は増えていって欲しいものです。お金だけが会社経営の全てではありません。”